メンタルヘルスマネジメントの資格について知ろう

###Site Name###

メンタルヘルスマネジメントとは大阪商工会議所が認定する公的な資格になります。

こちらの資格は精神科医・臨床心理士・精神保健福祉士が用いる心理療法や認知行動療法の取得ではなく、あくまでうつ病やパニック障害などの精神疾患に関する基礎的な知識を身につけた上で、これらの専門職と連携できるだけの力を身につける事になります。
また会社の中でメンタルヘルスに関する普及啓発も行っていきます。



メンタルヘルスマネジメントを取得していると自らの精神状況をコントロールできるようになるのはもちろんですが、軽度の精神疾患であれば他人のケアをする事も可能になります。メンタルヘルスマネジメントには三種類の資格があります。


一つ目はマスターコースと言われるものです。

こちらだとメンタルヘルスに関する計画の立案ができるようになります。
臨床心理士や精神保健福祉士などの専門職と連携してメンタルヘルスに関する計画を考えて行きます。



二つ目はラインケアコースと言われるものです。こちらだと社員が精神的に崩れないように配慮していくと共に万が一精神的に崩れた場合には安全配慮義務に沿った対応ができるようになります。

三つ目はセルフケアコースと言われるものです。こちらだとメンタルヘルスマネジメントを取得した本人のセルフマネジメントができるようになり、さらに他人の簡単な精神的なケアができるようになるコースです。

試験内容は、マークシートと論述式となっています。